業務のご案内

コンプライアンス

コンプライアンスとは?

ドイツのフォルクスワーゲン(VW)がディーゼルエンジン車に違法ソフトウエアを搭載して排ガス規制を不正に回避していたとして大きな問題となっています。当然のことながら、VWが法令等を遵守した経営を行っていればこのようなことは起こらなかったはずです。このように法令等を遵守することをコンプライアンスといいます。


ここでいう「法令等」には法律や政令等の国や地方公共団体が定めたもののみならず、会社が自ら定めた規則なども含まれます。そしてこれらの法令等を遵守した会社経営を行うべきことは当然のことであり、ことさらコンプライアンスなどという言葉を持ち出す必要もないはずです。


 ところが、現実にはさきのVW問題をはじめとして企業の不祥事は堪えません。この問題は単純なミスによるものから、法律を十分に理解していなかったことから生じたもの、さらにはもっと悪質なものまでさまざまな場合があります。反社会的勢力への対応策についても考えておく必要があります。またごく最近の問題としてはマイナンバーに関連するさまざまな問題が考えられます。コンプライアンスを重視した会社経営は単に守りの会社経営ということではありません。それどころかあらかじめリスクを回避した攻めの会社経営といえるものなのです。


 琉球法律事務所では、会社関連の法律に精通した弁護士が積極的な会社経営を行うために必要にして十分な助言を行うために日々精進しています。

琉球法律事務所の強み

✔1953年の開所以来 沖縄県の企業の法律相談に向き合ってきた,小堀啓介法律事務所の系譜を継ぐ,豊富な実績があります!

どんなことができますか?

✔新任役員や従業員を対象とした研修の講師を各社から承っており,社内教育や能力向上に役立ちます。

✔株主総会運営、取締役会運営の基礎・応用を身にけた弁護士が、最新の動向リサーチをし、企業様にフィードバックいたします。

✔社内文書管理規程、書式類の作成指導・助言,ストレスチェック関係情報・採用時の健康情報・マイナンバー情報などセンシティブ情報の適切な取扱い・管理方法等の助言いたします。

お問合せはこちら

ご予約はお電話・メールにて受け付けております。

お電話でのお問合せはこちら

098-862-8619

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

お問い合わせフォームはこちらから